ゴルフクラブの種類
- Simple Swing Golf -

ゴルフは、場面場面で最適なクラブを選び、遠くへ飛ばしながら、徐々にその精度が求められるスポーツ。

シンプルスイングゴルフでは、スイングスピードなどあらゆる角度からの分析結果から、最適なクラブ選びをアドバイスしています。お気軽にご相談ください。

 

ゴルフ クラブ1.jpg

■クラブシャフトの堅さ

L
レディース
> A
アベレージ
> R
レギュラー
> S
スティッフ
> X
エキストラ

左から柔らかい順

 

ドライバー

ゴルフ クラブ3.jpg

高く・遠くへ飛ばす!

ドライバーは、軽くてボールが高く上がりやすいものを選びましょう。ボールの飛距離アップには、高さが求められます。転がると芝の抵抗を受けるので、少しでも長く空中に浮いていなければなりません。そこで、しなりやすい柔らかめ目のシャフトとロフト角の大きい(10.5度〜)ヘッドを選びます。

 

フェアウェイウッド

ゴルフ クラブ2.jpg

アイアンに代わる強い味方

非力な女性ではアイアンに比べ、丸く大きいヘッドに安心感があることから、2打目からのショットでは、フェアウェイウッドを使うことが多くなるでしょう。巧みに使いこなせればスコアアップも期待できます。
距離によって使い分けることから、飛ばしたい距離別に数本のクラブを揃えます。

 

ユーティリティ

ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの間を埋めるクラブです。
距離はフェアウェイウッドに近い感覚があり、ラフに入った時や、正確な方向性を求める時にも活躍するので、女性には是非おススメしたいクラブです。

 

アイアン・ウェッジ

ルール2.jpg

フェアウェイウッドやユーティリティを使うことが多くなっているものの、ゴルフは最終的に点(カップ)を狙うスポーツなので、グリーンを目の前にした時には欠かせないクラブです。

 

パター

ゴルフ クラブ4.jpg

パターは、ゴルフで最も使う回数が多いクラブ。クラブのバランスとグリップ感が大切なので、デザイン性も含め、慎重に選びたいものです。

比較的パターを簡単にしたい方は、センターシャフト・ヒールバランスがおススメ。グリップは、太さ・カラー・形状をスタイルに合わせて変えることができます。

ヘッドの形状は、オーソドックスなピンタイプ・マレットタイプ・ネオマレットの3種類。バランスは、ヒール・フェイス・スイング型の3種類。シャフト位置はセンター・ヒールの2種類。それぞれ振った感覚が異なります。

 

>>揃えたいアイテム

 

  ▲ページ最上部に戻る
  ▲トップページへ戻る